学資保険の保険料の支払方法は、保険会社によって様々ですね。一般的には、毎月支払う月払い、半年分ごとに支払う半年払い、1年分を一括で支払う年払い、そして、契約時に全額を一度に支払う一時払いがあるんでしょうか。通常は、保険料全額を一括で支払う一括払いにした方が、割引が適用されて保険料は安くなります。その為、契約時に手元に余剰資金があった場合、一括払いの方が得だと考える方が多いようですね。けれど、ちょっと待って下さい。学資保険にはその性質から、払込免除特則が設けられています。これは、契約者である親に万一の事があって死亡したり、高度障害に侵されたりした場合、以後の保険料は払込が免除されるシステムです。これが一時払いの場合では既に全ての保険料の支払いを終了してしまっている訳ですから、払込免除特則は適用されませんし、保険料が払い戻される事もないのです。また、学資保険は生命保険の一種である為、生命保険控除が適用されます。この際、年払いまではその年の生命保険控除に申請する事が出来ますが、一括払いの場合では保険料を支払った年のみ控除される事になります。保険会社や学資保険の種類により、一時払いでどれだけ保険料が安くなるのか異なりますので、契約する際にはきちんとチェックしておく事をオススメします。資金に余裕がありデメリットにも納得出来るようでしたら、保険料の一時払いはおとくな支払い方法になるのではないでしょうかー